まさかの「慢性骨髄性白血病」

慢性骨髄性白血病の夫を見守る妻のブログ

何事もなく過ぎゆく2018年5月

f:id:yoko_t:20180515190405j:plain

夫の慢性骨髄性白血病の病状には特に変化はなく

禁酒もいつの間にやら「なあなあ」な感じになり。

 

息子が大学へ旅立っていったさみしさが

夫婦間の会話の貧弱さに拍車をかけています。

 

「なんか喋ってよ」というのが私の口癖になり。

 

何事もない、というのは有難いことです。

病状に変化がないということは、嬉しいことです。

 

いま、私が気になっているのは、夫の運動不足。

私が仕事を辞めて、短時間のアルバイトになったので

今までいろいろと手伝ってくれていた家事をほとんどやらなくなりました。

仕事から帰ってくると、ソファにドーンと横たわり。

動いているのはリモコンを動かす「腕」と「指」くらいのもの。

 

夫のトド化が進むのを、苦々しく眺めております。

何とか近くのスーパーまで歩かせようと、買い物を頼んだりしていますが

思うようにはいきませんね。

 

6月には「グリベック」が増量になります。

2錠から3錠へ。

これで高額療養費制度の対象となり、上限の44,400円になるはずです。

別の病院で支払っている約1万円程度の医療費と合わせて5万円を超える出費。

 

副作用が強く出るタイプであることと、既往症があるため入院です。

 

病院では食事はかなり制限されますが、運動が出来ないんですよね。

夫のようなタイプは、是非とも「減量も治療の一環」として

病院の周りを走らせて(いや、歩かせて)もらえると嬉しいな(笑)

歩かせると脱走するかもなー、あぶないあぶない!

 

息子が進学して、我が家の食卓は肉の出現率が減りました。

ご飯も、白米+もち麦+雑穀米にしています。

それなのに、どうして太るのかなー。おかしいなあ。。。