まさかの「慢性骨髄性白血病」

慢性骨髄性白血病の夫を見守る妻のブログ

もしかしたら?手足症候群?

スキンシップは大切ですね

f:id:yoko_t:20170305160906j:plain

我が家は馬鹿ップルなので、時々手をつなぎます。

昨夜も、残業で遅くなった夫を迎えに行った帰り道、何の気なしに夫と手を繋ごうとすると・・・

 

「痛い!」というのでびっくり。

 

見ると、夫の指には絆創膏が貼ってありました。化膿しているというのです。

グリベック服用中でもあるので、何となくイヤな感じがしましたが、夫は残業で疲れて機嫌も悪かったので、何も言わずにそのままに。

 

そして本日、夫は1人で病院へ。(私は初孫に会いに福岡へ)

f:id:yoko_t:20170926222757j:plain

 

私は、何となく心配で、電車の中など、ネットがつながる場所で検索しまくり。

手足症候群、と言われるものの存在を知りました。

 

手足症候群とは・・?

手足症候群は、手のひらや足の裏に生じる皮膚病変で、スチバーガ®を含むさまざまな抗がん剤でみられる副作用です。重症化するとQOLが著しく低下し、治療継続がむずかしくなるため、治療前から予防法の指導を行い、症状発現時には早期に適切な対処を行うことが求められます。

nursepress.jp

夫は、グリベックを飲み始め、おならがでたりとか(今はあまり出なくなったそうです・ヨカッタ)皮膚にかゆみのない紅斑がでたり、そのあと皮膚が乾燥してかゆみが出たり、と顕著な副作用と言えば、皮膚に出ているのかな、という感じを受けていたのは確かです。

主治医も心配して、皮膚の生検をしてくれたり、一時、グリベックを休薬したりして、丁寧に診てくださっています。

 

そんな中での「指先の化膿」ですが、私が心配し過ぎでしょうか。夫は心配し過ぎだといつも言います。心配し過ぎならそれならそれでいいのですが・・・。

 

 

静岡国立がんセンターの情報でも「手足症候群」

静岡国立がんセンターのサイトによると、イマチニブ(グリベック)は皮膚障害を起こしやすい抗がん剤であり、皮膚症状の中には「手足症候群」がしっかりと記載されていました。

SURVIVORSHIP.JP -がんと向きあって-|抗がん剤治療と皮膚障害|皮膚障害を起こしやすい抗がん剤について 一覧表を示します|分子標的型の抗がん剤

 

夫は今日の診察でドクターに、指先が化膿したり、やたらと一部の皮膚がガサガサしたりしていることを話しただろうか?たぶん話してないんだろうなあ、と思って聞いてみると、やはり、「言ってないよ」というのです。

ああ、やっぱりな。と、私は思いました。やんわりと「言った方がいいと思うよ」と呟いてみましたが、彼の心に届いたかどうかは定かではありません。お返事なし、でしたから。

「お薬を変えてみましょうか」「ちょっと入院しましょう」と言われるのを嫌がっているのだと思いますが、些細なことだとドクターに言いたくない、というのが本音のようです。

 

主治医との関係も、治療にとってはとても大切なことなのだろう、と最近は強く思います。

信頼関係、というとあまりにも簡単な言葉ですが、「いかに生きるか」ということについて、理解もしていただきたい気持ちが半分、有無を言わせず必要なら入院でも何でもさせてください、という気持ちが半分・・・

これまた、難問ですね。

 

うちの夫の場合、爪囲炎かな?

何でもない、ただの傷が膿んだだけ、かもしれませんが。

SURVIVORSHIP.JP -がんと向きあって-|抗がん剤治療と皮膚障害|主な症状別情報 主な皮膚の症状や原因について解説します|分子標的型の抗がん剤(ざ瘡様皮疹/爪囲炎/皮膚乾燥症/手足症候群)

心配し過ぎならそれでいいんです。これも勉強。 

 

重症化するとQOLが著しく低下する(恐れがある)

実際のところ、私が一番心配しているのはコレです。

QOL(クオリティオブライフ)の低下。

夫が一番嫌がることです。例えば、ダイビングができない、とか、サッカー観戦に行けない、とか、好きなものが食べられない、とか。

今はドクターに禁酒を言い渡されて、何とか病気を悪い方へ進行させないように、と本人も必死の努力で頑張っていますが、それも「お酒を我慢すれば好きなことができる」からです。

私も夫に好きなことをさせてあげたい。でもこれ、重症化したら本当に困ったことになるよね・・・。

いままで、抗がん剤の副作用のリスクと言ったら、例えば血栓ができやすくなって脳梗塞心筋梗塞などになりやすかったり、糖尿病が進んでインスリン注射をするようになったりとか、そういうことを危惧していたけれど。

 

手足症候群という強い副作用で「歩けなくなる」こともあり得るなんて、知りませんでした。もちろん、今、夫の身に起きているのは、指先の小さな「膿」ですから、私はかなり心配し過ぎだと思います。。

 心配し過ぎるとココロの病気と言われそうだから、このくらいでやめておきます。