まさかの「慢性骨髄性白血病」

慢性骨髄性白血病の夫を見守る妻のブログ

まさか!の展開が続く→え?グリベック中断?

2017.8.10 夫の検査結果報告

本日、夫は肝機能の数値が悪かったそうです。

前々回の検査で、飲酒をしたにもかかわらず「肝臓の数値が良くなっていますね」といわれて「お酒は関係ないんじゃないか」などと言い出した夫。前回も良かったので、ますます持論を確信しているようで。

妻としては、だからって飲んでもいいとは思ってほしくなかったのですが、夫はお酒を飲んでも大勢に影響なしと判断した様子で、検査の前日にもかかわらず、昨日は夜の街へと出かけました。私がとても機嫌が悪くなるという・・のも、お分かりいただけますよね。(笑)

 

そして、本日の検査結果は上記のように肝機能の数値が悪かったので「お酒、飲みました」と白状したそうです。素直なところがタイヘンよろしい。

 

ところが、ドクターは

「肝機能の数値が悪くなったのは、お酒を飲んだせいなのか薬の影響なのかが判断できないので」

とおっしゃったそうで。夫はドクターが心配性、というのですが、持ち帰った検査結果を見てびっくり。

 

GOT:基準値8~38(前回29→今回139

γGTP:基準値11~58(前回93→今回185

 

などの数値が跳ね上がっているのです。

過去の検査結果を見ると、γGOTなどは、手元にある検査結果での最高値が253でしたが、入院治療をするに伴って(病院食効果?)下がり、6月末に退院後、8月には100を切る数字になってきていたのですが、ここに来ての急上昇、しかも湿疹も出ているし。

GOTは「H」の表記が付かないこともしばしばでしたので、139は・・・

けんかになるので口には出しませんでしたけど。。。

 

主治医はとても優しい方ですが、夫は以下のように言い渡されたそうです。

 

①今後は、お酒は飲まないでください。(特に症状が安定するまでは、絶対禁止)

グリベックは2錠から1錠に減らしていましたが、一時中断します。

 

確かに、現在の血液検査の結果からいえば「血液学的寛解」という状態のようですが、病気が治ったわけではないはず。薬を中断することには一抹の不安も。

 

夫は全てを「お酒のせい」と言い張ります。そうであればいいのですけど。

f:id:yoko_t:20170811091349j:plain

(写真はイメージです:写真AC)

 

夫婦でも考え方や感じ方が違う

我が家は「バカップル」と言えるほど仲の良い夫婦だと自負していますが、それでも考え方や感じ方の違いを感じることはしばしばあります。

患者本人とそれを見守る家族の立場では、病気の治療との向き合い方も違って当然だと思います。

夫の人生ですから、夫が納得できるように、と思いながらも、夫に支えられてる「我が人生」でもあるわけですから、運命共同体として、私(妻)の意見や希望についても考慮に入れていただきたい、と思う気持ちがあります。

 

心配する気持ちがどんどん増幅するので、別のモノをインプットしようと思います。